Fandom


Abnur-tharn-online

Abnur Tharn のコンセプトアート。

Abnur Tharn (アーブナー・サーン) とは、Tamriel の Empress Regent (女帝摂政) で High Chancellor である Clivia Tharn (クリヴィア・サーン) の父である。そしてまた Elder CouncilImperial Battlemage でもある。[1] ESO公式日本語訳では「アブナー・サルン」と訳されている。

人物紹介 編集

彼は決断力のある男であり、「秘密の Daedira の崇拝者」の一族出身である。これはまさに Alliance が「彼を除外」したいと望んでいる理由になっている。彼は Ebonheart Pact, Aldmeri Dominion, Daggerfall Covenant による脅威に敏感になってから、Nirn (ニーン) を MOlag Bal の Daedric Realm である Coldharbour (コールドハーバー) と結合させたるために、Necromancer の Lord Mannimarco とも連携している。[1]

彼は Ayrenn が女王になる前に彼女を個人的に悩ませたことで知られている。これは Aldmeri DominionCyrodiil の征服を試みる決め手となった理由の一つである。[1]

登場 編集

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 January 18, 2013. The Elder Scrolls Online (Lawrence Schick). Alliances at War
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。