Fandom


Ebel Septim とは Uriel Septim VIICaula Voria の最年少の正統の息子。3E 380 (第3世紀380年) に生まれ[1]、父親から政治術を学びながら育った[2]。日本語コンソール版 The Elder Scrolls IV: Oblivion では「エベル・セプティム」と訳されている。3E 433 (第3紀433年)、53歳のとき、彼は父親と2人の兄弟と同様に Mythic Dawn (日本語コンソール版Oblivionでは「深遠の暁」) のエージェントに殺害された[1][3]

トリビア 編集

  • Martin Septim(マーティン)と年齢は近いと推測されるが、どちらが年上かは明かされていない。

参考文献

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。